まんたまシルバー

無駄にヲタクな、しろがねえいじの日記。 濃い話題なども飛び出すので、一見さんは要注意☆

超久しぶりにイベント参加します。 5月12日 コミックシティ大阪94 5号館 ウ-50b 『しるべらげ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

君もサクサカー!

後輩から、色々ネタやら元気やらをもらえましたんで、
なんとなく復活した、しろがねえいじです、こんばんは。

それで良いのかって声が聞こえてきそうですが、
いい加減なブログですから、それで良いんです(笑)


さて、冒頭でも言ったように、
昨日、大学の後輩が遊びに来ました。

普段ネタにしている神楽優人(ゴメンね)ではなく、
ブラックムトゥという、別人。

時々来ては、

「コイツ天才じゃねえ?」

と思わせるネタを自分に提供してくれるオイシイ奴です。

いつぞやは、金色のガッシュと、
北斗の拳の金色のファルコを
キャラ絵を入れ替えたら面白いんじゃないかと、
そのネタで、一晩中語りあったこともあります。

「ワタシは優しい将軍さまになるのじゃー!
 うぬう!片足が痛むのである、ケンシロウ!!」

なにやってんだ(笑)

そんな彼が、面白い番組があると言って、
出たばかりのDVDを見せてくれました。

その名は

SAKU SAKU

関東圏で毎日オンエアされてる大人気番組で、
木村カエラという女の子と、
増田ジゴロウというマスコット人形が
ダラダラ屋根の上で喋っている番組。

グッズもたくさん出ているとか。

この番組、何が面白いかって、
上手く言えないんですが
とりあえず、変な増田ジゴロウと、
冷めた反応の木村カエラの掛け合いが面白いんですよね。

ボケとツッコミが綺麗に分かれてると言うか。

他にも変な歌を歌ったり、
(スターウォーズの帝国のテーマで
 替え歌を作った事もあるそうです。)
ゲストを呼んで騒いだりするとか。 

DVDはダイジェスト版だったんで、その辺は収録されておらず、
ちょっと分かりませんでしたが。

まあ、言葉で言っても面白さは伝わらないんで、
実際にDVDや番組をご覧アレ。

絶対爆笑できます

マジでマジで。

ちなみにリンクはコチラ(↓)
http://www.tvk-yokohama.com/saku2/


つーわけで、今回のラクガキは増田ジゴロウで。

コイツの電子変換された声がなんともいえず好きだ~♪
ちょっとゲノムのパクマンに似てるかも知れない。

木村カエラはやる気の無いエルエル…かな?(笑)


jigorou.png



では、また~
スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 17:12:24|
  2. 番組感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

orz

どうも。

響鬼の感想しか書いてない、自堕落ブログの管理人・
しろがねえいじです、こんばんは。

と、ねえ…本当だったら朝起きて
響鬼観て、気合一発!とか言うつもりだったのに。

いざ、目を覚ましてみれば時刻は8時23分。

おい、もう終わりじゃねえかよ

そんな時間でした。

話は丸々見逃して、オチだけ観れました。


おやっさん「ようし、今日はお団子振舞っちゃうぞー!」

全員「やっほー!!」


くそう!
どんな展開だったんだよ!!


もう、泣きながら観たゾイド・ジェネシスの主題歌が
自分の現在の心境を代弁したみたいで、
スゲエ身に沁みました。

夢を~見てる~♪
長い~夢を~♪


きっとね、まだ僕は布団の中で、おねむの最中なんです。

目が覚めたら7時58分くらいの
ちょっと危ない時間で、

「おいおい、見逃すところだったじゃねえかよ」

とか言いながら、テレビを付けるんですよ。

誰かそうだと言ってくれ!
(泣)


うう…。
こんな気分じゃやってらんねえよ…

携帯「ぴろり~ん♪」

ん?メールが来ましたよ。

発信者は、同じ響鬼信者の神楽優人。

なんだか嫌な予感がしますが、見てみましょう。


ぴっ


カスミさん、
イブキさんに
乗り換えディスカー!?
(笑)

(↑原文まま)

展開言うんじゃねえよ、
コノヤロウ!!


くそう、ゲスト原稿を描いた恩を、仇で返しやがった!

いつか殺っておかないと駄目かもしれない(笑)

つーわけで、怒りをエネルギーに替えて、
頑張ろうと思う、しろがねえいじでした(まる)

では、また~
  1. 2005/05/30(月) 02:40:18|
  2. まんたま日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

“ぺ”より、“上戸”より、響鬼が良い

響鬼ショーが観に行きたいと、
オロナミンCを飲みながら考えている
しろがねえいじです、こんにちは。



というわけで、本当に感想を書くことになりました(笑)

だって、オロナミンCのCMに響鬼が出演してて、

「これはネタにしなきゃ!!」

と、居ても経ってもいられなくなったんですもの。

つーわけで、CMに流れた翌日、早速買って飲みました。
毎日飲んで、俺も鬼になる!!

そんな気分で今週の感想を。

十七之巻「狙われた街」

鬼の活動のオフに、買い物に出た威吹鬼と香須美さん。
そこで、魔化魍が街にいることに気付き、
急遽、人気のない所で撃退することに!

徒手空拳で立ち向かう威吹鬼に、勝利の目はあるか!?

という所で次回。
なんて気になる所で曳くんだ!

1週間悶々として、仕方ない(笑)

やはり今週の見所は、香須美さんとデートしてる時は
優柔不断で、情けない若者な感じのする威吹鬼の、
普段と、戦う時の顔の違いのカッコ良さでしょう。

服を選ぶ時は、全部香須美さん任せで、

「任せておけば安心かなって思って♪」

なんて、情けない発言をして、怒られたのに、
敵を発見した瞬間、漢の顔になり、
香須美さんの

「武器が届くまでは安全のために様子見ね」

という意見を跳ね除け、

「無いなら無いで、
それなりの戦い方がありますよ」


戦士の顔になって
人が危険に曝される前に退治するという
確固たる信念を持って言い放ったのが、印象的でした。

それでこそ、漢!
それでこそ、鬼よ!!


明日夢くん?

ああ、あんなギャルゲーみたいに
モテモテ街道まっしぐらな彼など、知りませんッ!


ええ、羨ましくなんか、ありませんとも!


瞳「明日夢くん(はあと)」

羨ましくなんか…


あきら「足立くん(はあと)」

羨ましく…


香須美さん「明日夢くん!」

羨まし…


日菜佳「明日夢く~ん♪」

羨ま…


ミドリ「明日夢くん?」

うら…


響鬼「少年!



う…うう…

ウラヤマシイヨウ…

にしたって、モテ過ぎだろう。

彼はどこへむかっているのやら。



では、イラスト曝しは、響鬼の完成絵で♪

トーン貼るのが、すげえ疲れました。

スーツのヌメッとした質感が、なかなか出ず、
試行錯誤の繰り返し。

でも、ちょっとスキルアップした気もしたり。

この感触を忘れない内に、次の原稿だ!

hibiki-kansei.png



それにしても、現在の仮面ライダースタッフは
もしかして「めぞん一刻」が好きなんじゃろうか。

仮面ライダークウガの主人公は
五代裕作にそっくりな名前の、五代雄介。

今年、再結集したクウガスタッフが作った新作、響鬼は
音無響子をもじったような、音を使う戦士・響鬼。

かなり強引な気もしますが、
今回の響鬼で、ドリフネタが出たくらいだから、
あながち外れてないかも。

スタッフ達の好きな要素を全てつぎ込んでるんでしょうし。

つーことは、以前、自分が言った
轟鬼=高木ブーの原典・ドリフ説も、
あながち外れていない気がしてきた(笑)

いやはや、次の話が楽しみです。

クソ脚本家の代名詞・井上敏樹がこの先、出てこなければ、
本当に傑作は間違いなしなのですよ!

天に祈って来週を待ちながら、作業に戻ります。

では、また~
  1. 2005/05/24(火) 18:06:59|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

謝罪と告知でゴンス

今日、歩いてたらイキナリ眼鏡が壊れました。

どうやら金属疲労で、フレームの留め金部分が
壊れたようなんですが、

ジョジョ好きの自分は

新手のスタンド使いの
攻撃か!?


と、ちょっと本気で思ったのですよ。

こんばんは、しろがねえいじです。


見てくださっている方には、
誠に申し訳ないんですが、
原稿に集中するため、ちょっと更新が数日止まります。

6月5日のコミコミのイベントに出る知人のゲスト等です。

大学時代の先輩と後輩が同時参加するんで、
当日は自分のサークルでこそないものの、
売り子をやります。

ええ、確実に。

自分は先輩に「尻をオレに捧げろ」と言われれば
断れない、男子校出身の男ですので。

本当に言われたら、先輩を殺して、自分も死にますけど(笑)

興味のある方、宜しければ見に来てください。


P-20a「す」 (Nao)

Q-13a「The Seventh Sign」 (神楽優人)


のどちらかには、確実にいます。
Naoさんの所がエンカウント率は高いかも。

もし、来ていただけたら、小躍りして歓迎させていただきます♪

そんなこんなで、原稿作業に潜るわけですが、
自分はいい加減な男なんで、
気が付いたら更新してるかもしれません。

愛想のない日記で申し訳ないんですが、
復活するまで、ご容赦ください。

あ、でも響鬼の感想は書くかも(笑)

では、また~
  1. 2005/05/20(金) 23:34:26|
  2. まんたま日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メルヘンな(?)サイレントヒル

有名なキャラ(ド○ルドとか、カーネルサ○ダース)で
サイレントヒルみたいなゲーム作ったら
全日本を苦笑と恐怖のどん底に落とせるんじゃねえ?

そんな病んでる脳の持ち主・
しろがねえいじです、こんばんは。

そんなわけで、今回は
ちょっと思いついた、サイレントヒルネタでも。

想像力豊かな人は、ご注意ください。
描写がグロイかもしれません。

っても、大したネタじゃありませんが(笑)







そんなわけで、冒頭のネタの続き。

サイレントヒルを知らない人は下記をクリック
(グロ注意)

サイレントヒル公式ページ
http://www.konami.jp/gs/game/silenthill/

では、思いついた敵の案。

ア○パ○マ○は顔が欠けた状態で
「ボクと…友達に…なってよ…」
とか言って追いかけてきて、
追いついたら笑いながらパンチ攻撃。

ドラえも○に至っては、多彩な武器で攻撃してくるんで、
遠くにいても侮れません。


あ、ちなみにガチャピ○は最強キャラね。

銃で撃っても死なねぇの。
コスチュームによって能力が変化するから要注意♪

ムッ○は無害だけど、殺さなかったら
どこまでも後ろをついてくるに違いない。

そんで時折、
「ガチャピ○~?」
と言って、最強キャラを召喚するんですぜ。

ポ○・デ・ライオ○は体が小さいんで、
当たり判定が小さいから要注意だ!

近寄られたら、ハラワタを食いちぎられるぞ!!

そんな感じで、どいつもこいつも、
みんな体から血を流しながら襲ってくるんで、

子供には
トラウマになるね、絶対。
もう、確実♪



そんなこと考えてたら、実際に襲われる夢を見ました(マジ)。
寝汗すごかった…。

ん~~~まさに、夢か現か判らないサイレントヒルの世界。

みごとにオチまでつけてくれるのは良いんですが、
そんなネタしか出てこない自分の脳が
たまにイヤになります。

あ~前回までが固い話題だったから、
こーゆーバカな話題だと、落ち着くなあ(笑)

では、本日のイラスト曝し。

20050519213104.png


東鳩2より、みんな萌えてるいいんちょ。
なんなんでしょね、
今回の話題と対極みたいな絵のチョイスは。

それにしても、女性キャラは可愛く描けません。

苦手なだけに、積極的に練習しなきゃ。

だから、お気に入りキャラで練習です。


なんでお気に入りかって、

「もぉ~、駄目だよ、こ~のくぅん」

そんなふうに主人公の河野貴明を呼ぶ
舌足らずなヴォイスに、ノックアウトされたから(笑)

だって、主人公の苗字が、自分とそっくりで
自分が呼ばれてるような錯覚を覚えたんだもの。

萌えたっていいじゃない!

男って…バカね


なんか、言ってて虚しくなってきたんで、
本日はコレくらいで(笑)

では、また~
  1. 2005/05/19(木) 23:36:13|
  2. まんたま日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アンソロジー会社のアレコレ(後編)

最近、ブログで近況報告が済んでしまう所為か、
知人達からのメールがメッキリ減って、
ちょっと寂しい…。

こんばんは、しろがねえいじです。

では、前回に続いて愚痴まじりの日記を。

ダラダラ語っても仕方ないですから、
軽く流しますんで、ご容赦あれ。












さて、アンソロジー会社のあまりに子供じみた対応に
ちょっとウンザリした、しろがねえいじは、
実際に仕事をしている、アンソロジー作家の知人Mさんに
メッセで色々と聞くことにしました。

Mさんが投稿した際の、会社の対応や、
現在の仕事状況云々、並びに、オススメの会社などです。

それで判った事なんですが、

アンソロジーを出してる会社で
まともな会社は
無いと思った方が良い
という、あまり知りたくない事実が浮上いたしました。

Mさんも、以前お気に入りの会社に投稿した際、
全く音沙汰ナシで、結局、
別会社から声をかけられて、業界に身を投じたとのこと。

(ちなみに自分が今回、投稿したのと同じ所です。)

他にも、様々な醜聞が出てきましたんで、
まとめて書いてみようと思います。

・基本的に締め切りを間に合わせても、
 会社側は、原稿料を決められた日数以内に払うことはない。

 1ヶ月、2ヶ月放置は当たり前。

 それどころか、こちらから催促しない限り、
 払われもしなかった。


・投稿しても、無名の新人は数ヶ月放置は
 確実と思った方が良い。

 ただし、作家のコネでもあれば、
 早く反応してもらえる可能性は、無きにしも非ず。



うーん、なんかロクでもないのばっかりですねえ。

エロゲー会社が同人サークル気分で
頭の悪い対応ばかりしているという風評は良く聞きますが、
まさかアンソロジー会社もそうなんでしょうか?

Mさんには、「普通の出版社に投稿するのが一番だ」と
忠告されましたが、まったくその通りだと思います。

忘れた頃に今回の仕事の話の返事があった場合は、
受けることも考えて、とのこと。

でも、しばらくは真面目にオリジナルの新作を考えよう。

一応、案らしき物はあるんですがね。

でも、オヤジ達が女装して、
延々とパンチラしてるバトル漫画なんて

需要があるのかしら。

では、本日のイラスト曝し。

sakura-rider.png


前回のFATEネタと同じ、天野○孝風。

やっぱり、自分が同人やるなら、
こーゆー頭の悪い方向性かもしれないなあ。

知人連中にも好評だったし(笑)

アンソロジー会社云々の話は、
今回で一応終わりのつもりですが、
なにかあったら、また書くかもしれません。

その時は、ごめんなすって。


では、また~
  1. 2005/05/18(水) 23:00:00|
  2. しろがねえいじの漫画道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アンソロジー会社のアレコレ(前編)

怒り心頭に達していて、
ネタを書く気にもなりません。

こんばんは、しろがねえいじです。

愚痴成分が多くなりますので、
お気をつけください。

読んだら不愉快になるかもしれません。










それは先日、アンソロジーの作家募集の件で電話した時のこと。

編集「メールにご希望の返事日数を書いていただければ
   その日までにお返事させていただきます」

しろがね「大丈夫なんですか?」

編集「大丈夫です!

断言しておいて、案の定10日経っても返事はありませんでした。

仕方ないんで、どうなってるんでしょうと
確認の電話をこっちからしたところ

編集「郵送の方は1ヶ月待つんですよ?
   そんなの無理に決まってるじゃないですか」

とのこと。

しかも「はん」と小バカにしたような
鼻息のオマケ付き。

テメエ大丈夫って
言ったじゃねえかよ


メールは毎日たくさん来てるでしょうし、
作家募集の質も玉石混合で、対応も大変でしょう。

それは分かります。

それだけで、大人の対応をしてもらえたら良かったんですが、

「メールは毎日チェックしてますんで、
 即座に対応させていただきます。」

と以前言っておいて、今回、
「まだ見てません」と言い訳したこと
(10日以上経つのに、会社としてやっていけるのか?)。

そして、そんないい加減な対応をしておいて

スイマセンの
一言も無かったこと


これには、心底ムカつきました。

ここまで頭に来たのは、かなり久しぶりです。

今日は誰かと喋ったら
自覚のないまま、自然と大声になりそうです。

実際にアンソロジーで仕事している知人から
色々聞いたりして、さらに脱力までしたんですが、
それは次回に。


ネタをまとめることもできなさそうなんで、
今日はもう、絵だけ曝して終わろうと思います。

kuzuki-fu-fu.png


結構前に描いた、
FATEのキャラを天野○孝風にアレンジした絵。

こんな機会じゃなけりゃ、色々語ったんですが、
気力が持たないんで、これで落ちます。

申し訳ない…。


今の心情的を、某・有名な言葉でくくるなら、

パトラッシュ、
ボクなんだか疲れたよ…


そんな感じ。

では、また…
  1. 2005/05/17(火) 23:00:00|
  2. しろがねえいじの漫画道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雷の鬼、来る!

毎週、大騒ぎしながらみている響鬼。

まだ女性の鬼は登場していませんが、
斬鬼さんや、轟鬼と同じ緑色で、
婚約者にヤキモチを焼くキャラで、
なおかつ、雷の使い手でないことを祈ります。

ダーリン
浮気は駄目だっちゃ!
(BY うる星やつら)


さておき、今週の響鬼感想。

本当は書くつもりなかったんですよ>感想。

最近、ちょっとネタを飛ばしてばかりだったんで、
少し休もうかな~とか、思ってたんです。

他の人がたくさん書いてるわけだし、
「オレは別に良いかな」って。

ところが、後輩の神楽優人に

響鬼の感想を
書かなきゃ、
漢じゃねえ。

つーか、人じゃねえ!


みたいに脅されたんで、書きます(笑)

今回は「轟く鬼」というタイトルで、
文字通り、新しい鬼の、轟鬼が活躍する話でした。

前回、退治する魔化魍を取り逃がし、
自分の体に限界が来ていることを悟った斬鬼さん。

後は後輩の戸田山に、全てを託すことを決意しました。

困惑しながらも、先輩の期待と信頼に応え、
無事に魔化魍を退治した戸田山。

様々な困難も、越えなければならない先輩の背中も
乗り越えたのを見届けた斬鬼さんは、
自分の名前「斬鬼」を継がせようとしますが、

「尊敬する人の名前は、継げない。
 自分は自分の道を行くのだから。」

と、断り、違う名の「轟鬼」を
斬鬼さんから名付けられることになりました。

熱い漢達の会話が胸を打ちます…
こういう特撮が見たかったんですよ~

非常に良いシーンでした。

セリフだけならば

なぜなら、上記の会話の間中、
戸田山くんはずっと

変身時に服が燃えるんで、鬼さん達は
戦闘後、必ずこうなってしまうんです。

熟練者なんかは、顔だけ変身解除して、
服を着替えるまで、体は鬼のままとか、出来るんですが、

戸田山くんはまだまだ新米。

解除すると、全身裸になってしまったわけです。

先刻の斬鬼さんとの会話も、
戦闘後でしたから、息をゼイゼイ言わせながら
全裸で会話してたんで、

第三者に見られたら

ただのヤバイ奴


「うほっ、いい男!」「やらないか」
二人の顔も思わずヤマジュン。

ネタが判らない人は、知らないままが幸せです。

なんて危険なんでしょう、鬼の仕事って。

まあ、こんなん考えるの自分だけでしょうが(笑)

その裸っぷりは、是非自分の目で確かめてください。
いえ、話は普通に良い話ですから。


では、以前曝した絵のペン入れがちょうど終わったんで、
話題に沿って、公開します。


hibiki-penire.png


これで響鬼は描いたから、

あとは威吹鬼と、弾鬼と、裁鬼と、斬鬼さんと、轟鬼だ!

多いよッ!!

でも、描きたいファン心理(笑)

では、また~

  1. 2005/05/16(月) 23:00:00|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もうすぐ無料期間が終了ですが…

1時間だけ大航海時代やったら日記書くべ~とか思ってたら、
うっかり3時間やってた。

こんばんは、しろがねえいじです。

そんなこんなで、廃人にならない程度に大航海時代を
嗜むつもりが、ついついやってしまってます。

だって、楽しいんだもん(笑)

18日で無料期間が終わってしまいますが、
資金に余裕ができたらぜひ再開したい。

20050515024425.gif

(C)2005 KOEI 大航海時代オンライン




「いつかアタシも、あんな立派な城に住んでみせるヨ!」

対岸の城を睨みつけ、大志を抱くふんどし船長。






20050515024413.gif

(C)2005 KOEI 大航海時代オンライン



「だから、アンタ達も、アタシを信じてついて来な!」

船員に檄を飛ばす、ふんどし船長。


女だてらに、27歳で荒くれモノ達をまとめて
冒険者をやってるだけあって、発言が男前です。

左目の傷にはどんな過去が!?


ちなみに、上記の事は全部、自分の脳内設定(笑)

こんな性格で考えてたら、
ちょっと4コマ漫画が描きたくなりました。

キャラ構成としては、

・船長「ふんどし」

・旗揚げ前から右腕である、副船長の「またぐら」

・熟練船員「じゃーじ」

・中堅船員「かいぱん」

・新人船員「すぱっつ」

この5人で、アホな航海日誌でもやろうかと。

名前がアレな感じなのは、気にしないように(笑)

請う、ご期待!




20050515024400.gif

(C)2005 KOEI 大航海時代オンライン




コスプレもあるでよ(撮影:敵地に変装した侵入時)

では、また~

PS:ブログ内で使用した画像はKOEIさんに著作権、
  所有権があります。

  無断使用ですので、撤去要請が来た場合は
  即座に対応します。
 
  また、他の方の無断転載等もお断りいたしますので、
  どうか、ご理解ください。
  1. 2005/05/14(土) 23:00:00|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バイト先の名物店長(後編)

最近、抜け毛が増えて、戦々恐々としている、
しろがねえいじです、こんばんは。


前回に続き、名物店長話です。
良かったら、お付き合いくださいませ。

さて

尻の穴の危機も無事に去って、数ヶ月経ったある日、
店長は引退を言い出しました。

店の経営に疲れを感じたので、
悠々自適の隠居生活をしたいそうです。

年齢的に60代になるそうでしたので、無理もありませんが、
あまりにも突然の話だったので、驚きました。

しろがね「はあ…残念っスけど仕方ないっスね。
     じゃあ、もう働かないで、お孫さんと
     遊んで暮らすんですか?」

店長「それも良いんですがねぇ。
   痴呆になるのはイヤなんで、
   居酒屋でも開こうかと思うんです。
   
   もう、場所は確保してるんですよ。」

なんとも用意周到な話です。
かなり前から考えておられたのでしょう。

しろがね「しかし、よく資金がありましたね。
     結構、苦労したんじゃないっスか?」

店長「そんな事はありませんでしたよ。
   故郷に山を持ってますからね
   資金繰りなど容易なモノです。」

衝撃の告白です。

実は金持ちだったんですね、店長…

しろがね「は、初めて聞きました…スゴイっスね。」

店長「そんなことはありませんよ。  
   まあ、この店も暇だったから道楽でやってたとはいえ、 
   思い入れもありますから、
   残念と言えば、残念ですがねぇ。」   


道楽だったんデスカ

なんだか、思考の次元が違いすぎて、
付いていけませんでした(笑)

その後、コンビニは会社の直営店になるも、
本社から来た野郎が、マニュアル人間の役立たずだったんで、
赤字続きとなり、1年と経たずに潰れました。

しかも、経営不振の終盤、しろがねに

「レジの金数万を盗っただろう。
証拠はないが、無くなった時間は
お前の勤務中だったから、間違いない!」

などと、意味不明な事を言い出し、勝手にクビにされました。

ああ、胸クソ悪い

訴えれば良かった。

それはさておき、
その後、無事に居酒屋を始めた店長ですが、
開店祝い後、顔を出してなかったんで
数ヶ月ぶりに行ったら

店が潰れてました

驚いて店長の携帯に電話したら、

「いやぁ~しばらくは順調に行ってたんですがねえ、
 風邪をひいちゃいまして。
 
 しばらく休んでたら、お得意さん達に

 潰れたと勘違いされて

 客足が遠のいちゃいまして。

 本当に潰れちゃいましたよ。
 
 はっはっは♪」

笑いごとじゃないっス、
店長
  

しろがね「…じゃあ、今は何をしてるんですか?
     もう、田舎に帰ったとか?」

店長「今ですか?
   実は知り合いに考古学者が居ましてね。
  
   発掘の手伝いをしてます

   土いじりも楽しいですよ、しろがねくん。

   帰ったら、農家でもやりますかねぇ~」

…なんて、波乱万丈な方だ…。

ここまで読んだ方も、
「本当かよ、コレ?」
と、疑問に思われていることでしょう。

実際に接してた自分が
一番信じられません


あまりにも、漫画のネタっぽ過ぎるんだもの(笑)


その後、店長とは携帯が繋がらなくなり、
それっきりなんですが、今はどうされているんでしょうね。

元気だとは思うんですが。

連絡がとれて、久々に再会したら、

「やあ、しろがねくん、
実はヤクザ事務所を開いたんですよ。
ウチの鉄砲弾になりませんか?」


とか言いかねません。

…会うの…止めといた方が良いかしら。 

そんなこんなで、しろがねの青春時代に
多大な影響を与えてくださった店長話はココまで。

昔話に付き合ってくださって、ありがとうございました。

まだネタはたくさんあるので、
気が向いたら、またやるかも(笑)

では、また~
  1. 2005/05/13(金) 22:24:07|
  2. オタクの過去|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バイト先の名物店長(前編)

今日、街を歩いていたら、時折女性がコチラを
チラチラ見てきました。

おいおい、おじさん困っちゃうヨ、ウへへ!

とか思って、帰宅して鏡を見たら、
鼻毛がピョロリと出ていて死にたくなりました。

こんばんは、しろがねえいじです。

本日、掃除をしていたら、過去にバイト先で撮った写真が
出てきました。

ちょっと昔話がしたくなったんで、
良ければお付き合いくださいませ。



数年前。

受験を無事に終えて、大学に行くことが決まり、
することがなくなった3月頭。

駅前のコンビニで小遣い稼ぎのバイトをすることにしました。

「あなたとコンビニ」のキャッチフレーズで
全国に広く展開している某チェーン店です。

面接に通過し、1アルバイトとして働くことになった
しろがねは、そこで様々な経験をしました。

自分で金を稼いで、それを使える喜びがあると知ったこと。

先輩アルバイトの方々に、色々と教えてもらいながら、
接客する楽しさを知ったこと。

人生2度目の失恋の酸っぱさを経験したりもしましたし、

表面上は仲良くしていただいた店員の方も、
裏では嫌われてたことを知って、
人間不信になりかけた事もありました。    

そんな清濁を併せた経験も、人間には必要な、成長の糧です。

楽しいことばかりではなかったけれど、
今では、そんな機会を与えてくれた、
バイト先の名物店長に感謝しています。

そう、ウチには名物店長さんがいたんです。

いつもニコニコ笑っていて、人当たりも良く、
ご近所の方々の顔も広い、人徳のある方でした。

穏やかな紳士のようで、物腰も柔らかく、
男性だけでなく、女性も含め、
全ての店員に好かれていました。

自分も最初はそう思って、
「初めてのバイトに、こんな優しい店長が居て良かったな~」
とか思ってたんです。



その人はそんな普通の人ではありませんでした。

確かに、前述したように、人徳もありましたが、
ニコニコと笑いながら、女性店員にセクハラをして、
なおかつ、怒られない離れ業を持つ、

爽やかなエロ魔人だったのです

こう言っても抽象的すぎて、分かりにくいと思うんで、
具体例を挙げましょう。

例えば、店内の床を磨くとき、ウチでは機械を使ったんですが、
それを製品整理をしている、女性店員の近くに来ると 

「ほらほら、気をつけないと、
 貴方の可愛いお尻に、当たっちゃいますよ~♪」

とか、言ってましたし、
さらに、磨きあがった床を指して

「ピカピカに磨いたから、スカートでこの上を歩くと
 見えちゃいますねぇ♪」

なんて言ってたりしました。

普段の人徳があって、
なおかつ、滅多に言わないから、
女性店員の方々も笑って許していましたが、

それでも、よく訴えられなかったもんだ

そしてセクハラは、女性だけでなく、男性にも及びました。

例えば自分。

昔、水泳部をやってたんで、接客時に出す
声の大きさには自信がありました。

実際、それを気に入ったお客さんに褒められたことも
何度かあります。

そんなある日…

男性客「君、なかなかデカイ声だしてるね。偉い偉い」

しろがね「あ、ありがとうございます」

店長「そうでしょう。彼はウチで一番大きな声を
   出すんですよ。
   ワタシも気に入ってます。」

しろがね(!店長…そんな風に思ってくれてたなんて…!)

男性客「ふうん、いいね。」

店長「でしょう?…で、お客さん、
   気に入ったんなら、彼を一晩貸しますよ。
   なんなら1万で尻も
  売りましょうか?


しろがね「………は……?」

な、なんでそうなるんスか
店長!?


しろがね「か、勘弁してください、店長~!!」

店長「冗談ですよ。
   でもねえ、男と女、両方の体を知って
   初めて一人前だと、ワタシは思うんですがねえ♪ 
   あ、ちなみにワタシは
   両刀ですから。

   男性経験したくなったら、いつでも言ってきなさい。」

あんときゃマジで辞めようかと思ったもんです(笑)

なんか、色々と思い出してきたんで、
次回も、この名物店長について色々語ろうかと思います。

では、また~
  1. 2005/05/12(木) 23:05:34|
  2. オタクの過去|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

背水の陣は成功するか、否か

ガンダムXのジャミル・ニートって、
現在だと、ニートの部分が
悪いイメージにしか聞こえません。

こんな事を言うと、ガンダムXが好きな
後輩の神楽くんに怒られそうですが(笑)

こんばんは、しろがねえいじです。

今日は普段と違い、まじめな事を。

面白くもなんともないんで、ご容赦アレ。



さて、自分は漫画家になるために
ここ最近、地味な活動をしていました。

1月前こそ、東京にまで行って、
出版社にアピールしたりと、まだ活動的でしたが、
その後は、新作ネタを考えたり、同人原稿をやるだけと、
どちらかと言えば消極的な姿勢でした。



とはいえ、全く行動してなかった訳ではありません。

アンソロジー関係の仕事を募集しているところに
数社ほど、サンプル原稿を送って
「お仕事ありませんか~」と聞いたりしたんです。

1ヶ月以内に、返事は
採用・不採用を問わず、
必ずすると言っておきながら、
1ヶ月経った今、
未だにどこからもありませんが。


絵がまずかったのか、作家はもう間に合っているのか、
どちらかでしょうけど、誠意がないなぁ…。

申し込みが多いのは想像に難くありませんし、
メール処理するのも大変なのは分かります。

でも、普通は「一ヶ月以内の返事云々~」なんて建前で、
一週間以内に返事するのが社会の常…いえ、
愚痴ってる場合ではありません。

いつまでも、バイトだけで生活してて、
親を説得できるほど、状況は甘くないんです。

例え小さくても、何らかの結果を出さなくちゃ。

もう返事がないなら、普通の就職しろと
至極、もっともな事も言われてます。

そのこと自体に異論はないんです。
霞を食って生きるなんて、無理な話なんですから。

まっとうな社会人として生きながらも、原稿は描けますしね。

ただ、そこそこ好評だった投稿作の直しの結果も見ず、
諦めるには、まだ未練があるのも事実。

そこで本日、最期の望みを掛けて、
まだ申し込んでなかった一社に、電話でお伺いをたてました。

具体的なサンプル原稿の申し込み方と、
描きたい作品名、並びに連絡先の添付。

そんでもって何日以内に返事をして欲しいか
具体的に書くこと…です。

以上を具体的に、かつ、失礼にならないよう
先方に送りました。

これで仕事をもらえたとしても、
別に、親を納得させられるわけではありません。

ただ、次回の投稿作まで執行猶予が作れるだけです。 

親に認めてもらえる時が来るとしたら、
自分の作品で単行本を出して、
世間様に売れた…まで行かないと、駄目でしょうしねぇ…。

なにげに苦しい状況ですが、頑張りたいと思います。

ある日、突然更新がパッタリ止まったら、
しろがねが失踪したか、
上記の原因がなんらか作用して、漫画描きとして
再起不能になったとでも思ってください。

崖っぷち、上等!

もう、強がりを言って、乗り切るしかない現状ですもの(笑)

では、また~
  1. 2005/05/11(水) 22:17:31|
  2. しろがねえいじの漫画道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

震えて、哭け。穏やかだった、その村で。

絵を描いてばかりで、家から出る機会がメッキリ減りました。

気が滅入らないかと聞かれても、

全然?と答えます。

どんどん危険な、精神のインナー世界に入りつつある
今日この頃。

こんばんは、しろがねえいじです。

危険と言えば、これをプレイすると
明らかに筆の速度が落ちる作品があります。

その作品は、コンシューマーで売られている物ではなく、
同人業界で近年発売され、
ネットでの風評効果もあって、爆発に広まった作品。

「ひぐらしのく頃に」

都心から離れた村、雛見沢。

主人公の圭一はそこで、新しいクラスメートと出会い、
学び、遊び、笑い、生活を満喫していた。

とても穏やかな、その村の生活は、
永遠に続くものと思っていたのに、

年に一度の綿流し祭の後、過去の忌まわしい歴史が
村の様子を急変させる。

その村では、
綿流しの日に
毎年必ず一人が消え、
一人が死んだ。


惨劇に、挑め。



こんな感じのホラーノベルです。

やってみたくなった場合は、↓コチラ

「07th Storming Party」
http://rena07.sakura.ne.jp/

こちらのサークル様のページで体験版を
ダウンロードできますので、どうぞ~

コンテンツの項目の「ひぐらしのなく頃に」から
製品版に収録されている、一つのエピソードを
丸々読むことができます。

個人的な意見を言わせてもらうと、
村の祭りが開催されるまでは、少し読むのがしんどいですが、
それ以降は凄まじい恐怖を味わえますので、
1度は経験してみてください。

では、本日のイラスト曝し(ラフ)も、ひぐらしから。

20050510220444.png



左から、萌え四天王のK(圭一)、イリー、トミー、クラウドです。

本名ではなく、ニックネーム(コードネーム?)ね。

本編では名乗らず、クリア後のオマケシナリオで
こんなハッチャけた名前を使ってました。

この絵もまた、ペン入れ・トーン貼りを順次こなして、
曝していこうと思います。



自分は、すでに発売されている話は全てやったんですが、
今回、なぜ突然ひぐらしの紹介をしたかと言うと、
理由は2つあります。


1つは、07thさんのHPで、
最近、オマケシナリオの配布がされ、
それをプレイして熱が再加熱したから。

もう1つは…まあ、そのうち言うと思います。

ヒントはLink先のどこかにあり。

気が向いたら探してみてください。

では、また~♪
  1. 2005/05/10(火) 22:00:59|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地中海に、血潮を燃やす

日曜の素敵番組・響鬼に登場した新戦士、轟鬼。

ギター形ハルバードをブン回す新戦士、轟鬼。

師匠の最期の戦いを見つめながら、
戦士として、何よりも人々を護る鬼として
己の使命を胸に刻み続ける漢。

でも緑色で、弦使いの鬼って
ドリフの高木ブーと
同じだよね


こんばんは、しろがねえいじです。

日曜日は響鬼見て、絵を描いて、大航海時代やってました。

なんだか遊んでばっかりみたいなラインナップです。
実際そんな感じだったんで、
どうなんだと問い詰められたら、言葉を失いますが(笑)

で、大航海時代オンラインですが、
自分のキャラの、ふんどしちゃん(ネカマ)は、
チマチマ小金を稼いで、順調に船を大きくしてます。

服も貧相ながら、コーディネートして、
それなりに地中海ライフをエンジョイ中。

イスパニアのセビリアを拠点に、リスボン~ジェノバの辺りを
冒険者ギルドの一員として、パシリをしてたりします。

主な任務は、別荘地の発見の為、東奔西走。

ある時は、海賊に襲われ、命からがら逃げ出し、
またある時は、部下の反乱に遭いながら、
それでも安い賃金と航海後に呑む、ただ一杯のラム酒のために。

特権階級の豚どもめが!
枕を高くして寝られるのは
今のうちだけだと思え!


そんなふんどしちゃんも、
働く喜びを噛みしめるときがあります。

それは自分の船を新造した時です。

これこそ、雨にも負けず、風にも負けず、
交易品の売買に、日々を勤しんだ証!!

少しづつ大きくなる「輝ける褌」号の姿を眺めて、
彼女(ネカマ)は頬を涙で濡らしたことでしょう。

2度新造した船は、2度とも

海賊に船を沈められ、
それで得た保険金で
新造しただけに。




くそう、この時代の治安悪すぎるヨ!!

なんで、もう少しで港だって時に、
貧相なオレの船を襲ってくるんだヨ!!

あ、だからか!?

金のありそうな船はしっかり武装してるからか…。

大航海時代は怖い時代だったのですねぇ…。

とりあえず、備えあれば憂いなし。
砲台を強化して、頑張ろうと思います。

あんまり熱中しすぎないよう、ほどほどに(笑)

いないかもしれないけど、
ウチの文章を見たのがキッカケで、
大航海時代オンラインをやる人がいれば嬉しいですな。

ネットゲー廃人にならない
自信がある人限定ですが(笑)


さ、オイラは原稿すんべ。

では、また~
  1. 2005/05/09(月) 22:23:32|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ザ・ヴォイスマジック

「男は家じゃパンツ一丁だろう」

エウレカセブンのホランドが言うと、カッコイイのに、
クレヨンしんちゃんのパパが言うと、カッコワルイのは
なんでだろう?

こんにちは、しろがねえいじです。

本日、アニメや、吹き替えの番組を見てると、
つくづく、声優さんはスゴイなあ~と改めて思いました。

例えば、冒頭で言ったキャラは
どちらも、藤原啓治さんが演じておられますが、
男前キャラと、普通のパパを見事に演じ分けておられます。

他にも鋼の錬金術師ではヒューズ中佐。
キングゲイナーでは、オカマキャラのカシマル等、
芸幅も実に多彩。

演技一つでキャラの命を吹き込むってスゴイですよね。

そんな風ですから、洋画を見たときも、
このキャラには、どんな声優さんが合ってるだろうか?

有名どころならば、

漢だったら、堀内賢雄。
悪役だったら、若本規夫。

などと考えてしまうのはしょっちゅうです。

好きなシュワちゃんは、自分の中で
絶対に玄田哲章なんて取り決めまであるくらい。

そんな折、たまたま

「シュワルツェネッガー州知事の現在」

という感じのタイトルの写真を、ネット上で見かけました。


そこには、

コナン・ザ・グレートの主人公や、
ターミネーター2を演じていた頃の
ボディービルダーの面影が毛ほどもない

しわしわの体のシュワちゃんが写っていました。

忙しくて体を鍛える暇がないとはいえ、
1ファンとしては、なんだか悲しい限りです。

もうね、そんな写真を見てからは
ニュースで彼が喋ってる所を見ても


勇ましい感じの玄田哲章ではなく、
オカマ声の玄田哲章で、勝手に吹き替えられて
脳内で再生されます。

ネタを考えると、もう駄目。

写真を見るまでは、シュワちゃんの夜の生活を想像しても、

たくましい玄田哲章ヴォイスで、

「今夜も俺の
バーバリアンソードが
君を寝かせないぜ?
マイハニー♪」


とか言ってたハズなのに、
今ではオカマの玄田哲章ヴォイスで

「駄目ェッ!
もう体力が
保たないのォォッ!!
許してェェェッ!!!」


とか言ってる始末。

セリフだけ読むと、みさくらなんこつみたいだ(笑)
ち○ぽミルクぴゅっぴゅ~とか言いそう


…あれ?なんでこんな話に
なったんでしたっけ?


ああ、そう、声優さんの話だった。


そんな感じで、しろがねえいじの脳内は
いつ通報されても、おかしくない状況という結論でOK?

おかしいなあ…まじめに声優さんを尊敬してるってことを
語るハズだったのに…。

まあ、良いや(笑)

では、また~
  1. 2005/05/08(日) 14:06:33|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

癌種死の総集編って意味ないなあ…

NHKでやってるツバサは、最初から最強装備があって、
記憶が戻らないサクラも、ずっと傍にいて
新しく関係を築けるから、ツマラナイのかしら。

こんばんは、しろがねえいじです。

今日は替え歌でも、披露しようかと思って
歌詞を書きおこしました。

では、聞いてください。

ひらけ!ポンキッキの
「おっぱいがいっぱい」の替え歌で

「ガンダムがいっぱい」です。




キラが殺って、アスランも殺ったのに
ちっとも減らない 種のガンダム♪

バンク映像 使いまわすから
全部機体が同じみたい♪

キラが殺って アスランも殺ったから 
生産される 敵のガンダム♪

どれがどれか 区別できない
ガンダム好きだった筈なのに変ね♪

ガンダムがいっぱい ガンダムがいっぱい
ガンダムがいっぱい バ○ダイは大儲け♪


キラが殺って、アスランも殺ったのに
戦争のままだね 種の世界♪

ビームライフル ちょこんと撃ったら
ビックリするほど 血飛沫飛んだ♪

キラが殺って アスランが殺ったから
ちっとも終わらない 種の戦争♪

新作ガンダム作られたなら
また種になるのかな 不思議♪

ガンダムがいっぱい ガンダムがいっぱい
ガンダムがいっぱい 美少年が大好きか?

ガンダムがいっぱい ガンダムがいっぱい
ガンダムがいっぱい 福田嫁は大好きさ♪



こんな感じ。いかがなモンでしょ?

それに合わせて、絵曝しも以前のカロッゾラクスの完成絵。

karozzokannsei.png


蜘蛛の巣が、素敵に悪女っぷりをアピール(笑)

噂では打ち切りと聞いてますが、本当かしら。

やっぱり、キラの後継機、スーパーフリーダムが
早○田の犯罪者集団を連想させたのがまずかったんですかね?

でもストライクフリーダムも
勝手に戦況に介入する意味を連想させるから、
テロリストじみてて、どうかと思うんですが。

替え歌は、ネタを思いついたら書きます。

では、また~
  1. 2005/05/07(土) 19:12:43|
  2. みんなの歌?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

デカレンジャーVSアバレンジャー

街中で、毛並みの良い犬を見ると
とりあえず撫でたくなります。

あ~…一人暮らしの貧乏人じゃなかったら
飼いたいのになあ…。

寂しさ爆発のしろがねえいじです、こんばんは。

さて、先日、スーパー戦隊シリーズの
Vシネマシリーズ最新作、
「デカレンジャーVSアバレンジャー」が店頭に並びました。

特撮スキーな上に、デカレンジャースキーだった自分には
久々の新作だったんで、一も二も無く飛びつき、鑑賞しました。

手に取った時に、自分を見つめる無垢な子供の目が

なんだ、おっさん。
イイ歳こいて、まだ観てるの?

的な感じで、なんだか痛かったが、気にしない方向で。

少年、君も大人になれば分かるさ。

現実では、嫌な事件ばかり聞こえてくるから
虚構の世界でくらいは、正義を信じて居たいんだよ…。

閑話休題。

感想としては、毎年やってるVシネマシリーズと
同じ構成で、去年と今年のヒーロー夢の競演!
という感じで、普通に楽しめました。

設定の違う作品が、同一時間上で存在するんで、
様々な面で、多少の無理はあれど、
基本的にコレは、お祭り騒ぎ的な作品。

固いこと言わずに、笑いながら鑑賞するのが
正しい方法ではないかと思われます。

中身については、特に触れることもないんで、端折ります。

興味の湧いた人は見ましょう。

可能ならば、
デカレンジャーの話と併せて全部(笑)

さて、こうなるとファン心理としては
過去作品との競演も見てみたいというのが正直な気持ち。

例えば、上記のデカレンジャーですが、
全銀河を護る宇宙警察という設定なので、
同じ設定を持つ宇宙刑事ギャバンと
舞台で競演したそうです。

宇宙刑事ギャバンといえば、
自分がまだ物心付くかどうかの時期に放映してた
キルビルにも出演した、大葉健二主演の特撮ヒーロー。

両方好きな自分としては、
Vシネマでやっていただきたい題材です。

即ち、歴代宇宙刑事(ギャバン、シャリバン、シャイダー)と、
デカ達の、熱き魂の競演を!

デカレンジャー全員を集めるのが無理なら、
ボスを主演の形で、是非。


子供時代に宇宙刑事を見ながら育ち、熱狂した子は、
大多数が現在は子持ちになっているハズ。

特番なり、なんなりで過去の作品と現在の作品を描き、
放送したら、親子の間で語り合って、
絆をつくるのも可能だと思うんですが。

駄目でしょうかねえ?

boss!.png


まあ、そんな感じの事を、
以前描いた絵にトーンを貼ってたら思ったわけです。

熱いと思うんですが。

Vシネマが駄目なら、
誰か漫画で描いてもらえないものでしょうか。

オレ?

メンドクサイんで
却下!(笑)


では、また~
  1. 2005/05/06(金) 19:15:09|
  2. 番組感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いざ、七つの海を行かん!(無理だけど)

最近、出現頻度の高い先輩に
家を乗っ取られるんじゃないかと
心配なしろがねえいじです、こんにちは。

さて、この連休中、皆様はどのように過ごされたでしょうか?

行楽地に遊びに行った?
実に健康的で良いですね。

恋人とデート?
ラブラブだなんて羨ましい。
ふふ、憎しみで人が殺せたらなっ♪

千差万別に過ごされた事でしょう。

自分はそのどちらでもありませんでした。
日本橋こそ行きましたが、
あれは出かけたうちに入りません。

では、何をしていたか?

その答えはコレです。

大航海時代オンライン

↓リンクはこちら
http://www.gamecity.ne.jp/dol/

現在、14日の無料体験期間で、プレイ中であります。

ご存知ない方の為に簡単に説明すると、
ヨーロッパの大航海時代
(大雑把に言って16世紀~18世紀)
を、一人のプレイヤーとして体験しようという
多人数同時参加型のオンラインゲームなわけです。

ちなみに、自分は

プレイヤー名:ふんどし
帆船名:輝ける褌


こんなふざけた名前で開始。
イスパニア所属の女性キャラでプレイ中。

名前に関しては深く突っ込まないでいただきたい(笑)

あえて言い訳するなら、響鬼が悪いんだっ(←責任転嫁)


さすがに原稿等、やる事もたくさんあるんで
1日に2時間程度しかやってませんが、
2日目現在、続きをすごくやりたい自分がいる。

ヤバイなあ…。

簡単な申し込みで、即座にプレイ可能なんで、
よかったらどうですか?

蒼い海を行くのは、大変爽快です。

この連休中、あまり遠くへ行けなかった人も、
遠くへ行ったけど疲れただけだった人も、
まったりと、やってみませう。

それで、もし、プレイ中に見かけたらヨロシク。

では、また~
  1. 2005/05/04(水) 12:00:00|
  2. まんたま日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本橋、バシバシ

この世のへタレには二種類あって、
ドラゴンボールのヤムチャタイプと、
ダイの大冒険のポップタイプに別れるそうです。

つまり、どうしようもない駄目なヤツと、
努力しまくって主役級に活躍するヤツ。

タイトルに同じドラゴンを冠する、ジャンプ作品なのに
こうも違うものか。

自分はどっちだろう?
ヤムチャは…イヤだなあ…(笑)

こんばんは、しろがねえいじです。

前回の日記にもチョロっと書きましたが、
昨日、日本橋に行ってきました。

と、言っても、そんな大した用事があったわけじゃなく、
最近、ネットで話題になってる漫画を買いに行った
だけなんですが。

それが何かは、秘密。
言うと自分の人格が疑われるのは確実なんで(笑)

まあ、少女漫画とだけ言っておきます。

この年になると、中途半端に自制心がある身としては、
ただでさえ買うのが恥ずかしいジャンルなんで、
普通の本屋で買うのには抵抗があります。

それでもわざわざ、オタク御用達の店に足を運んでまで
買いに行く辺りが、なんだか悲しい。

エロ本買う方が、まだ恥ずかしくないと言う自分は
駄目なヤツなんでしょうか。

駄目なヤツですね。

そんなこんなで、目的の本を無事ゲットし、
帰宅しようかな~と、考えていると、
知人の方から、電話がかかってきました。

4月9日の日記にも登場した、東京在住のBさんです。

もともとこちらの人間であるBさんは、
現在、帰郷の最中で、大阪にいるとのこと。

良かったら会いませんか、とお誘いを受けました。

別に断る理由もないんで承諾し、
近くにある、高島屋で待ち合わせすることに。

それは良いんですが…

タイミング良過ぎます

いつぞやの、東京奇行録の時も、
関東最大のオタク街・秋葉原でウダウダしてたら
会うことになり、

今回も、関西最大のオタク街・日本橋でダラダラしてたら
会うことになるって、なんだコレ。

ヤラセか?

誰かがオレを見張ってて、逐一、知人連中に
報告してるのか!?

思わず、そんな被害妄想まで飛び出してしまいました。

もちろん、そんな訳ないんですが、
読んでる方にはそう思われても無理なさそうです。

ネタが無いからって
適当に話作ってんじゃないの?
くらいに(笑)

そんなバカなことを考えながら、Bさんと合流した後、
近況を報告しあいつつ、様々な場所をウロつきました。

オタクな店を廻ったのはもちろんなんですが、
毛色の変わった所では金物屋とか。

ちょっと、個人的に見たいものがあったんで。

なにかって、
マグロ切り包丁と
鯨切り包丁


いや、すごいっスよ、あれ。

マグロ切り包丁なんか、
ほとんど日本刀。


マグロ切りっつーか、マグロ斬りって表記した方が
しっくりきますって、絶対。

鯨切り包丁なんか、バカみたいに鉈を大きくした
刀みたいなんで、
人間なんか
容易く斬れそうです


Bさん日く、「青龍刀みてえ」

すごく納得(笑)

そんな感じで、興奮しつつ、ウロウロ。
実に楽しい時間でした。

ただ、Bさんに一言、コレだけは言いたい。

ポスターに描かれた
女の子のおっぱいを
触るのは
止めていただきたい


Bさん「え?普通やるでしょ?」

やりませんから

あと、この日記を書いてる時も、オレを見つめるのは
止めてください(現在、遊びに来られてます)。

すげぇ、書きにくいです(笑)

でも、ネタにするのを快諾してくださって
ありがとうございました。


そんなこんなで、しろがねの連休は過ぎて行くのでした。

では、また~

追記:なんかMixi始めることになりました(笑)
  1. 2005/05/03(火) 21:28:32|
  2. まんたま日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もすか~ムスカ~

いっそ全身サイボーグなら、
腕の痛みも、体の贅肉も気にせず
原稿だけ描いてられるのに。

こんばんは、しろがねえいじです。

今日は色々と趣向を変えてお送りしてみようかと思います。

例えば、変に面白かった
空耳アワーのFLASHの紹介。

「たぬふら」
http://tanufla.fc2web.com/index.html

こちらからFLASHの「もすかう」で見てみてくだされ。

個人的に最高でしたが、みんなの感想が聞いてみたい。


「おっさんですか、
シャアですか?

便所戦争、決戦だ!

わっはっはっはっは♪

HEY!!!!!」

こんな感じに
意味不明な歌詞がバンバン
飛び出すんで


本来の意味は違うんでしょうけど、
もう、こうにしか聞こえない(笑)

ちょっと長いけど、爆笑必至なんで、これは必見♪

うーん、マイヤヒー以来のHITだ。

「マイヤヒー(pya!掲載ヴァージョン)」
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=7653

本当は絵を描いたサイトさんがあるんですが、
そちらでは掲載休止中なんで、
やむなく、こちらで紹介。

萌えマイヤヒーとかでググるとトップで出てくるんで、
興味のある方は、調べてみませう。


呑ま呑ま、イェイ!!


そして、今回はお友達サイトさんから
いただいた絵を掲載~

busou.jpg


とても素敵な武装錬金。
うっかり、あちらのキリ番を踏んだ時に
描いてくださいました。

ありがたいことです。

しかし、おかしい…パピヨンが普通の美形に見える(笑)

月曜日だし、グッドタイミング。

KYOさん、マジでありがとね~!

今日は大阪のオタク街・日本橋を
徹夜明けで逝って、体力的に限界なんで、
これくらいで。

ええ、昨日の更新後、仮眠を摂って
また徹夜だったんで、ほぼ二日ロクに寝ておりませぬ。

なにやってんだ、オレ(笑)

つーわけで、おやすみなさい…。

では、また~
  1. 2005/05/02(月) 20:14:29|
  2. 徒然|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

復活しますた

最近、響鬼のおもちゃ「音撃棒」だけでなく、
本物の太鼓も叩きたくなってます。

おはこんばんちは、しろがねえいじです。

先日のデータ損壊事件で、2日ほど鬱状態になってましたが、
ようやく復活しました。

それまではダラダラと、ラクガキしたり
程度にしか絵を描いてなかったんですが、

本日、ヤル気・元気の両方を補充してくれた
作品のおかげで、完全復活です。

その番組の名は

駄目特撮の代名詞
ジャスティライザー…なわけもなく、

ガチホモしか居ない
癌種死…でもありません。


マジレンジャー?

断じて違う!!

『響鬼』です!

今年の仮面ライダーというカテゴリーで
始まった、素敵番組!

当初こそ、

「相変わらず、デザインがライダーじゃねえなあ」

とか、不安に思いつつ、見守っていましたが、
今では全くそんな負の感情はありません。



主人公の響鬼さんの成熟した大人の魅力!

魔化魍という、妖怪を退治する人間達の
プロフェッショナルっぷり描写の妙!!

そして、殺陣のカッコ良さ!!!



これらのトリコロール攻撃で

もう、メロメロ

ちょっと、擦れた大人のツッコミを、あえて入れると
複数の鬼での魔化魍退治が、
どんどんバンドのようになってる気はしますが(笑)

も~…なんでしょうね。

敵の魔化魍の目的等がすこしづつ明かされていく
ストーリー構成の上手さ。

人物同士の絡みで生じる、ドラマ面の絶妙さ。

なんだか、現時点で非の打ち所ないんで、
逆に先を観るのが怖かったりしますが
もう、ね。

信じる!

この一年間は
響鬼を信じて
見守り抜きます、オレ





勢いにまかせて、
本日のイラスト曝しは、響鬼!

浄化の音を魔化魍どもに叩き込め!

hibiki.png



どんどこどーーん♪

勢いのある作品って、元気を与えてくれるんで
大好きです。

特撮だから…とか、仮面ライダーだから…という
偏見を捨てて、是非、ご覧あれ。

2週間で1話完結という、
程よい緊張感と、期待感を同時に与えてくれる形式ですので、
手に汗握りながら、胸を躍らせることができます。


では、この勢いに身を任せて、原稿作業に復帰したいと
思います。

おおおおお
やるぞ~~!!!!!



では、また~!
  1. 2005/05/01(日) 09:52:27|
  2. 番組感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

しろがね えいじ

04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。