まんたまシルバー

無駄にヲタクな、しろがねえいじの日記。 濃い話題なども飛び出すので、一見さんは要注意☆

超久しぶりにイベント参加します。 5月12日 コミックシティ大阪94 5号館 ウ-50b 『しるべらげ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「義経」と「義経ちゃん」

武装錬金が終わるそうです…。

昨日書いた、嫌な予感が的中するなんて。

涙で前が見えません。

ジャンプで読む漫画無くなるのと同時に、
月曜の楽しみが無くなってしまいました…。


マジで泣きてぇ。


もう、ずっと日曜のままで、翌日が来なければ良いのに。

そんな小学生みたいな気分のしろがねえいじです。


はあ~ぁ…



…ああ、そういえば、日曜と言えばNHKで義経がやってますね。

大河ドラマは「炎立つ」から、まともに見てません。

長らく離れてたんですが、
今回は自分の中で、最高に旬である細川茂樹が出てるんで
ちょっと見てみました。

そしたら、まあ、実に豪華なキャスティングですな。

メインだけでも

義経 (タッキー)
弁慶 (松平健)
頼朝 (中井貴一)

ご覧のように、話題性たっぷり。

自分はあまりドラマを見ないんで、

タッキーと言えば、デジカメCMや、夢物語。

松平健と言えば、マツケンサンバ。

中井貴一といえば、ミキプルーン。

それぐらいしか知らないんで、彼らの演技を見るのは
新鮮な感じがしました。

平家のキャスティングもスゴイです。
自分的にメジャーな主演作品と併せて紹介すると、

清盛 (渡哲也) 「太陽に吠えろ」
知盛 (阿部寛) 「トリック」
重衡 (細川茂樹) 「仮面ライダー響鬼」
維盛 (賀集利樹) 「仮面ライダーアギト」

といったところ。

源氏がドラマ等で有名な俳優を起用したと仮定すると、
平家は特撮で有名な俳優を起用したように見えます。

最近、特撮が売れててムカつくし、
滅びる平家にキャスティングしようぜ


みたいな感じ。

やるな、NHK。

こんな風に考えるのは自分だけでしょうが(笑)

しかし、維盛が賀集利樹とはねえ…

維盛といえば、平家滅亡の折、
世を儚んで船から入水自殺する、悲劇のキャラ。

一方、賀集くんは仮面ライダーアギトで、
船の事故で海に投げ出されて記憶喪失になる
主人公のアギトを演じた若手俳優。

やっぱり、
製作者の裏の意図っつーか、
皮肉のようなものを
感じるんですが


考えすぎですか?…考えすぎですね。

そんな感じの配役加減でしたので、
今回放映された「兄と弟」。

頼朝と義経が初めて会うシーンでも、
各セリフは、こんな感じに脳内変換されてました。

頼朝「ミキプルーン?(訳:お前が九郎か?)」

義経「夢物語(訳:さようにございます、兄上)」

頼朝「ミキプルーン…(訳:共に戦ってくれるか…?)」

義経「夢物語!(訳:喜んで!)」

弁慶「マツケンサンバ!(訳:ようございましたな、御曹司!)」

源氏だけでこれなんだから、
平家の清盛が維盛を怒るシーンはもっと面白かったです。

清盛「太陽に吠えろ…(訳:戦わず、逃げたそうじゃな…?)」

維盛「ア、アギト(訳:は、はい…面目次第も…)」

清盛「太陽に吠えろ!(言い訳なぞ聞きたくもないわ!)」

維盛「アギト!(父上!お慈悲を!)」

そんな感じで、40分間ずっと笑い通し。

頭が腐ってますね

話は普通でしたが、義経に野性味足りず、
お上品過ぎるな~というのが、正直な感想。

義経といえば、
那須の与一に平家の扇子を打ち落とせと命じた際、
イヤだと拒否した与一にむかって

「俺につき従った武士が
命令に背くことは許さん!
文句あるなら荷物まとめて
田舎に帰れ!」


とか、

「貴様が今吐いて良いセリフは
はいか、
イエスか、
喜んで
だけだ!」

理不尽極まりないのが、
義経の人間味溢れる、素敵ポイントなのに(笑)

この辺は全部、少年画報社から出てる、
小野寺浩二の「義経ちゃん剣風帖」からの引用ですが。

現代女子高生に義経の霊が憑いて、
変態退治するという、
変な話ですけど、マジオススメ(男には)。

義経トリビアも増えるんで、
是非、御一読あれ(男は)。

そんな感じで、久々に義経関連を色々読みたくなりました。

こういう機に、開拓精神のない学者連中が
狙ったように書籍を出版してくださるんで、
渡りに舟とばかりに、
ちょっと読み漁ってみようかと思います(毒)。


ところで、今回はイラスト曝しはございません。
楽しみにしてた方(居ないだろうけど)、ごめんなさい。


では、また~

追記:6時間経過して、見返すと
   なんだか、毒発言の部分が目立つ事しきり。
   
   それくらい武装錬金の終了がショックだったって事で
   ご容赦あれ。

   …でも、なんで武装錬金なんだ?

   他に打ち切ったら良い作品あるじゃない。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/19(火) 15:25:51|
  2. 番組感想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<だって、種ガン嫌いだもの(笑) | ホーム | しろがねえいじはデジタルスキー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mantamasilver.blog7.fc2.com/tb.php/19-492a98be

しろがね えいじ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。