まんたまシルバー

無駄にヲタクな、しろがねえいじの日記。 濃い話題なども飛び出すので、一見さんは要注意☆

超久しぶりにイベント参加します。 5月12日 コミックシティ大阪94 5号館 ウ-50b 『しるべらげ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

仮面ライダー今昔物語(今編)

中学時代からの友人より、久々にメールいただきました。
主にウチのブログを見てるよ~って感想でした。
純粋に嬉しかったんですが、ちょっと気になる一文が。

『武装練金のようなツボにはまる面白さです』

…えっと…
文章が変態だよねって意味かしら?(笑)

人間を超えた、パンツ一丁の蝶・変態、
しろがねえいじです、こんばんは。

『ぱぴ・よん!』


まあ、それは良いとして(笑)

今週の日曜は、自分が毎週楽しみにしてる番組、
響鬼が休みだったんですよね。

ゴルフのオープントーナメントの所為で。
(だから昔から、ゴルフは嫌いなんです)

しかし、そんな事くらいで、1週間丸々、
ライダーのネタがないのは、いかん!と思ったんです。

なんて言うか、魂的に

そこで、今回と次回、2度に渡って
ライダーの今と昔の違いを語り、
彼らの本当の魅力に触れていただこうと思います。

ちょうどトリビアでも
ライダーネタが出た事ですし(笑)
(※)

今回は、熱くドラマ性の高い、今編で。
ネタバレも含みますんで、興味の湧いた方は、
実際にビデオ等を見てから、ご覧ください。


響鬼は普段から語ってるんで、
個人的に大好きなコヤツでも。

その名は、

仮面ライダー・ギルス


正体不明の怪人が出現したことに伴い、
突然変異的に変身能力を身に付けた、葦原涼のもう一つの姿。

城北大学・水泳部に所属し、将来を有望視されていたが、
変身することによって生じる後遺症で、選手として
やって行けなくなった事と、
怪人との戦いに、周囲を巻き込むまいと、
決意したことにより、輝ける未来を断念。

当初は信頼する水泳部のコーチも、恋人も居て、
突然、大学を辞めた涼を心配し、優しく接してたんですが、

秘密を打ち明けたコーチには、翌日から
当初から涼など
居なかったかのように、無視され


怪人に襲われた恋人(理由は後述)を護るために変身したら、

「人間の意志が残ってても
あなた、あの怪物と同じじゃない!」


と、去られる始末。

唯一の肉親であった父親も、怪人と関わったことで衰弱死し、
天涯孤独の身に


同じように超常的な能力を持っている女性と出会い、
お互いに分かり合って、共に生きていこうと誓います。

これで、ようやく心が癒されるかと思ったら、
その女性は
一連の怪人事件を裏で操る者との
容疑をかけられます。

そうして、警察に追い詰められ、
逃亡生活で疲弊したところを
怪人に襲われ、死亡



当初、不明であった父の死を解明するために、
直前まで関わりのあった人間たちに接していると、
怪人たちは、どうやら自分達に対抗できる能力を持つ人間達を
あらかじめ殺して廻っているらしい、と判明。

自分のような思いをする人間を出すのがイヤだった涼は、
未来を失ったこの身が、他人の役に立てるなら…と、
怪人達との戦いに、本格的に身を投じることを決意します。

涼の変身能力は、不完全で、
ギルスに変身すると、鎧に生命が吸われて、寿命が削れ、
戦闘が終わる度に体が蝕まれて、死に近づいていくというのに。



漢じゃぜ



ですが、護った人間が、

「こいつも、今は味方だが、いつ自分に牙を剥くか分からない」

と、被害妄想に襲われ、
密室にガスを充満させ、涼を殺そうと企むわ、
(未遂で終わりましたが)

弱った所を超能力で心臓を鷲づかみにされ、
近くにあった川に落ちて溺れ死ぬ始末

うう…報われない…

報われなさ過ぎる


何十人もの大人達からは全く理解されず、
化け物扱いで銃で撃たれて、どんどん追い詰められ、

唯一理解してくれたのは、
怪人に襲われているところを
たまたま助けた子供だけ


死んでしまう涼には気の毒ですが、
自分はこういう
悲劇の主人公って
大好きなんです(笑)



涼(ギルス)が死んでしまう、28話までは結構面白いんで、
ビデオを借りて見てみてください。

以降の話は失速して、残念ながら、全く面白くなくなるんで、
見なくて良いです(毒)

と、こんな感じで、今編は終了。
次回に続きますが…どうだったでしょう?

多少なりとも、共感していただければ、嬉しい限り。


では、今回のイラスト曝し。

残念ながら、ギルスではなく、その前作・クウガですが。

俳優・オダギリジョーの出世作だけあって、
全編を通して面白いんで、
未見の方は、こちらも是非ご覧アレ。

自分が傷つくことになっても、みんなに笑顔で居て欲しい
男前な主人公、五代雄介に惚れること請け合い(笑)


kuga-zensin.png


クウガ、全体図。

下描き段階なんで、粗さが大爆発(笑)


ku-ga-kao.jpg



スケッチブックに書いたクウガの顔を、
スキャナで取り込み、CGでペン入れ。

効果・ぼかしで試しに遊んでみました。
コレ、同人誌ではよく使われてる手法なんです。

けっこう楽しいんで、他にも
効果的な手法がないか、色々やってみたいですね。

てか、この二つ、どっちも展示会で出す用なんですが、
全部で10枚あるんですよね。

この量だと、本作れちゃいますよ。

いっそ、本当に作っちまうか?(笑)


そんなこんなで、次回の仮面ライダー今昔物語、
笑劇(間違いにあらず)の昔編をお楽しみに。

では、また~




(※)昼を○で囲み、触覚を書くと
  仮面ライダーっぽい、というネタでした。

  初代ライダーよりは、Ⅴ3っぽいんだから
  藤岡弘ではなく、宮内洋を呼んで欲しかったなあ…
スポンサーサイト
  1. 2005/06/22(水) 22:42:54|
  2. ダイスキ語り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<仮面ライダー今昔物語(昔編) | ホーム | 客は神か、否か>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mantamasilver.blog7.fc2.com/tb.php/68-07a771a4

しろがね えいじ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。